ベタの飼育は結構簡単!!初心者向けな理由を発見した話。

今回はベタの飼育が他の熱帯魚と比べて簡単な理由について色々と発見した事を発表していくお話になります。

こんにちは、アクアリウム4年目の、ゆーです!!

僕は約2週間ほど前より初めてベタを飼っています。

飼い始めて思ったのは

ベタってめっちゃ簡単で楽!!

↑これだったんですよね。

これまで4年間で有名どころの熱帯魚は色々と飼ってきたんですがその熱帯魚たちの飼育と比べてもベタを飼うのはかなり楽でした。

もちろん4年間分の知識があるからって部分も多少はあると思うんですがはっきりとした理由がわかったので紹介していきます。

今現在、ベタを飼おうか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください!!


それではいってみましょー

スポンサーリンク

ベタの飼育が簡単な理由について

それでは僕が発見したベタの飼育が簡単だった理由について発表していきます!!

他の熱帯魚とどちらを飼おうか悩んでいる人はこれを見ちゃうとベタを飼い始めちゃうかもしれないんで覚悟してくださいね(笑)



水槽に1匹で飼うのがとにかく楽

まず前提としてベタは気性が荒い魚なので

1つの水槽につき1匹で飼うのが基本になります。

そうなると水槽にはベタしかいないので他の水槽のように小さい熱帯魚を複数で飼っている場合と違い、エサをあげた時にもきちんと食べれているかな?などと心配する事が少なく精神的に楽です。

1匹だけならある程度の水量が確保できれば大きな水槽じゃなくても安全に飼える点もすごくいいんですよね。

小型の水槽はADAとかでなければ安く購入できるので、これから初めて熱帯魚を飼う人にとって安く水槽やその他の道具を揃える事ができる事はすごくいい点だと思います。

ベタの飼育に必要な道具と費用はこちら↓



それでいてベタは他の熱帯魚より少しサイズが大きく、ヒレもすごく綺麗な魚なので1匹で飼ったとしても華があるんです!!

2万円以下の激安スマホのカメラでも適当に近距離で撮影するだけでこんなに可愛く写真が撮れます↓

結構人に懐くのでエサをあげる時は近くに寄ってきて催促するんですよ(笑)



水槽の管理がめちゃくちゃ楽

大きなヒレが特徴のベタはその綺麗なヒレを傷つけないように水槽にはほぼ何も入れません。

他の水槽だと水草をやってみようとか人工の隠れ家やオブジェなんかを入れてみようってなるんですが水草をやりだすとコケの掃除が結構大変なのでベタのように何も入れない水槽は管理がめちゃくちゃ楽です!!

あまりに何も入れないのは寂しいので僕はこのおやすみリーフなるアイテムだけ入れてみたんですがこれも作り物の葉っぱなので全然気を遣いません↓


水作 ベタのおやすみリーフ



汚れたら取り出して洗えばいいだけですからね!!

(おやすみリーフでヒレが傷つく場合もあるらしいので水槽に入れる場合は葉っぱの形状をしっかりと確認しました)

ほぼほぼ何も入ってないベアタンク状態なのでフンも見やすく、すぐに掃除できるので水草に気を遣わなくていい点はすごく楽だなと思いました。

水槽が小さい事でのメリットはまだまだ他にもありました↓↓↓



水換えが楽

最初の項目でもお話したようにベタは1匹で飼うのが基本になるので水槽はそこまで大きくなくて大丈夫です!!

5L~6Lくらいの水量があれば充分安全に飼育できると思います。(もちろん多い方がより安全)

僕はベタを飼うにあたってらくらくパワーフィルターがセットになっている水量10Lの水槽を安く購入しました↓

このフィルターは水流の強さや向きを調節できるので泳ぎの下手なベタでも快適に泳げています↓


ジェックス 簡単ラクラクパワーフィルター S



水量が10Lでも1匹なら少し大きいかなって思うんですが小さいよりは大きい方が水質が急に変化しにくいので我ながらいい買い物だったと思います(まぁ安いですし)

熱帯魚やベタを飼いだしたら水換えは必ずやるようになると思うんですが10Lの水槽だと1度の水換えで3L~5Lくらいの水を入れ替えればいいだけなので超らくです!!

一般的には60cm水槽が初心者向けとか言われていますが60cm水槽の場合は1度の水換えで20Lくらいの水を入れ替えないといけないのでバケツで運ぶ場合、慣れていないと初心者にはかなりキツイです・・・

なので水換えが少量でいい小型水槽でベタを飼うのはアクアリウム初心者でもかなり楽なのでいいと思いました!!


スポンサーリンク

ベタの水槽は掃除も簡単

ベタを飼っている水槽は掃除も簡単です!!

そもそも1匹で飼っているのでそこまで汚れないですし、小さな水槽なのでフンがあっても見つけしだい長いスポイトで取り出す事が可能なのでわざわざ掃除用のホースとか使わなくてもちょっとした掃除はすぐにできちゃいます(スポイトはダイソーで購入)


僕がベタを飼っている水槽は底に何も敷いていないのでフィルターに、ろ材を入れてバクテリアを増やす作戦なんですが底に何もないので水槽の掃除は柄のついたメラミンスポンジを使ってガラス面と底を時々綺麗にすればOKです!!(これもダイソーで販売しています)

底に溜まる小さな汚れはどうしても掃除用のホースなどを使って吸い出した方がいいんですが大きな目立つ汚れはメラミンスポンジで簡単に綺麗になります。

これくらいなら誰でも簡単に掃除ができるのでやはりベタの飼育は水槽が小さい事もあってかなり簡単だと思いました。

スポンサーリンク

ベタの飼育が他の熱帯魚より簡単な理由について!!まとめ

今回はベタの飼育が簡単だと思った理由について色々と紹介していきました。

ベタは1匹で飼育するのが基本になるのでエサをきちんと食べれているか心配する事もなく直接あげれますし、そこそこの水量が確保できれば小型の水槽で充分飼えてしまいます。

小型の水槽は水換えの量が少なくていいので楽だったり、ヒレを傷つけないように水槽内にはあまり何も入れないので掃除が楽だったりと、ベタの特徴を考えた時にそれに合った水槽の管理は他の大きなサイズの水草水槽などと比べてかなり簡単でした。

もちろん病気になったりする事もあるので大変な部分がゼロではないんですが、そこは他の熱帯魚も同じなので基本的な飼育を考えると小型水槽で安全に飼えるベタはかなり簡単な部類です。

水槽内に何も入れない事でベタの事だけを考えて飼育ができるのでアクアリウム初心者の人にもおすすめの熱帯魚だと思いました。


それでは今日はここまで!!

また他の記事でお会いしましょー(ドロンっ)


ベタ関連の記事はこちら↓

コメント