金魚すくいの金魚はなぜすぐ死ぬのかを詳しく説明!!

今回はタイトルにもあるように金魚すくいの金魚なぜすぐに死んでしまうのかについて詳しく説明していきます。

こんにちはアクアリウム3年目のゆーです。

みなさん金魚すくいってしますか?

夏祭りの定番である金魚すくい。1度はやった事のある人も多いと思います!!

しかし金魚すくいで連れて帰った金魚が数日で死んでしまう経験をした事のある人も多いはずです(僕もその内の1人です)

知識のなかった当時の僕は原因についてわからないままでしたがアクアリウムを始めて3年がたった今なら色々な理由がハッキリとわかるのですぐに死んでしまう理由について説明していきます。




それではいってみましょー

スポンサーリンク

突然家にやってきた金魚13匹


話は約3年前にさかのぼります。

夏のとても暑い日に家の近所で夏祭りが開催されていました。

妻と子どもと3人で遊びに行ってみたのですが・・・




はい。冒頭よりもう何でアクアリウムを始める事になったのかわかりますね!!


そうです。金魚すくいです・・・

少し目を離した隙に妻と子どもの2人で金魚すくいしてましたよ・・・



当時子どもは小学校の低学年で僕からしたらとても生き物の世話をずっと出来るほどしっかりはしていなかったので完全に呆れていました。


しかも何故か、何故かですよ


子どもは金魚すくいで2匹だけ取れたらしいんですが夏祭りも終盤に近づいていたので11匹オマケで貰ったらしく手元には全部で13匹の金魚・・・



僕も子どもの頃に金魚すくいで持って帰って育てた事があるんですがすぐに死んでしまった記憶しかなく、僕自身に知識と経験がほぼ無いんでちゃんと飼えるイメージが全然出来ません・・・


とりあえず子どもに責任感を持って育てるように言い、閉店間際のホームセンターに水槽を買いに行くのでした。

スポンサーリンク

金魚すくいの金魚は間違いなく飼育難易度高め!!すぐに死んでしまう理由

ここからは金魚すくいの金魚がなぜすぐに死んでしまうかの理由についてです。

3年間アクアリウムをしてみて色々と理由がわかったのでぜひ参考にしてみてください!!




そもそも金魚すくいの金魚は弱っている・・・


これはアクアリウムやった事のある人ならわかるんですが魚には適した水の量ってのがあるんです。

金魚は水をすごく汚すタイプの魚なので大きくなってきたら1匹につき約10Lの水量が必要と言われています。

金魚すくいって凄い数の金魚がうじゃうじゃいるじゃないですか?

あれは完全に過密です・・・多すぎです



金魚同士もぶつかったりして傷ついてしまいますし水の中の酸素の量も少なかったり・・・何時間もその環境で泳がされているので金魚すくいの金魚はストレスがハンパない状態なわけですよ・・・

つまり金魚すくいをした時点で既に金魚は弱っています・・・

さらにお祭りに参加する人って帰るまではもちろん会場にいるじゃないですか!!

その間、金魚はどこにいますか?

ただでさえ弱っている金魚はとても小さなビニール袋に入れられてさらにどんどん弱っていきます・・・

金魚すくいは病気の温床

さらに金魚すくいの場合、先程の金魚多すぎ問題でもわかるように元々病気になっている個体も多くいます・・・

元々アクアリウムをしている人ならまだしも、当時の僕のようにまだ魚を飼ったことがなく知識も少ない人からしたらいきなり病気の金魚を飼うのはとても難しいです。

魚は水が大事!!

魚にとって1番大事なのは水です!!

ここで言う水とは水槽内の水にバクテリアがいるか?と言う事です。



バクテリアは魚にとって有害な物質を無害なものに変えてくれるのですが金魚すくいで連れて帰った金魚の場合、水槽に入れる水は殆どの場合、水道水なのでバクテリアはゼロです・・・さらにバクテリアはすぐには増えてくれないので急に連れて帰った金魚にとって普通の水道水は良い水とは言えません

(もちろんカルキぬきはしてくださいね)

その水槽内の水にいきなり多くの数の金魚を入れてしまうとバクテリアが増える前に水質が悪くなってしまい金魚は長く生きれません・・・

スポンサーリンク

金魚すくいの金魚はなぜすぐ死ぬのかを詳しく説明!!まとめ。

金魚すくいから飼う難しさを色々と書いてきましたが知識の無かった当時、我が家の金魚も1匹、また1匹と亡くなっていきました・・・




小さな水槽1つではあまりに可哀想で途中水槽をもう1つ購入し2つに分けたりもしたのですが結局生き残ったのはたったの2匹・・・



この2匹は2年間ほど生きていたのですが結局・・・

アクアリウムの始まりがあまりに酷すぎたスタートでした・・・

子どもは結局、すぐに魚の世話をしなくなり飼育係をクビにしました・・・

金魚すくいからでもきちんとお子さんが魚に興味を持って飼えているならぜひ1度アクアリウムショップで弱っていない魚を飼ってみる事をおすすめします。

実際に金魚や熱帯魚を育ててみて、きちんとした飼育方法はこちらの記事に詳しく書いてあります

【初心者】熱帯魚の飼育について詳しく説明!!飼育水の作り方もこれでバッチリ。
今回は熱帯魚の飼育について初心者の人にもわかりやすいように飼育水の作り方や必要な道具、重要なポイントをお話していきます。こんにちは、ゆーです。僕は現在、趣味としてアクアリウムを3年間ほどしています。熱帯魚の飼育って...

コメント