キャンプ初心者には明るく安いヴァストランドのLEDランタンが絶対おすすめ!!

突然ですがキャンプを始めたばかりの人は

安くて明るいランタンを探していると思います!!

今回はそんな方にピッタリな、僕がたまたま見つけた素敵なLEDランタンのお話です。

こんにちは。キャンプ3年目のゆーです!!

この記事では僕のおすすめLEDランタンの詳細とレビューをしています。


とにかく値段が安く、明るいLEDランタンをお探しの方はぜひ最後まで読んでみてください。


スポンサーリンク

キャンプの夜は暗くて怖い

キャンプデビューをした人はわかると思うんですがキャンプの夜ってとにかく暗いんですよね・・・

街中での暗さと違い、暗いってより黒い感じです!!

街灯のあるキャンプ場ならまだいいのですがそれもキャンプ場によってあったり無かったりなので街灯のないキャンプ場もかなりあります。

そして、これだけ黒いと(暗いと)色々と困ったことがおこるんです・・・

  • 子どもが夜に怖がる
  • 大人でも少し怖い
  • テント内も微妙に暗い
  • お肉が焼けているか判断できない
  • テントやタープのガイロープが見えなくて、つまづく(コケる)

僕は今回紹介するLEDランタンを買う前はジェントスの280ルーメンのLEDランタンをメインで愛用してました。

280ルーメンのランタンをメインでって今だと暗いだろってツッコみたくなるのですが当時は暗いとは思いながらもこれしか持ってなかったのでずっと使ってました。

そんな時に最近キャンプを始めた友人と一緒にキャンプしてみようってなりました。

その友人は、コールマンのオシャレなランタンを既に購入してて、それが僕のジェントスと比べるとすごく明るいんです・・・

ジェントスは暗いながらも暖色でいい雰囲気を作ってくれる素晴らしいランタンなのですが正直280ルーメンという明るさにはかなり不満がありました・・・

スポンサーリンク

安くて明るいLEDランタンを発見!!

ネットで商品を探す時にすごく重要なのが既に購入した人のレビューです。

持ってもないのにその商品がどんな物なのか知れてしまうのはすごい事ですよね!!


一応、屋外でメインランタンとして使うには

1000ルーメン以上が目安と言われているのも知っていました。

なので1000ルーメン程度のLEDランタンをレビューを参考にしながら探してみたのですが安いランタンはどうやら1000ルーメンの表記はあるものの、レビューを見てみると暗いって意見が大半でした・・・

そんな時にたまたま見つけたのがヴァストランドのLEDランタンです。

スポンサーリンク

VASTLAND(ヴァストランド)とは

VASTLAND(ヴァストランド)は2018年2月に設立されたかなり新しいアウトドアメーカーです。

オシャレなデザインと低価格な製品はこれからキャンプを始める人にとって頼もしいパートナーになりそうです。

詳しくは公式サイトのこちらをチェックしてみてください。

僕が購入したヴァストランドのLEDランタンは見た目はジェントスのように無骨ではなく青?緑?みたいな色で若者向けっぽいオシャレな印象でした。

レビュー件数が少なく情報量も多くなかったのですが数少ないレビューに明るいと書いてあったので、まぁ安いし280ルーメンよりは明るいだろうって感じでダメ元で購入してみました(笑)



スポンサーリンク


ヴァストランドLEDランタン。実際の使用感(レビュー)

商品が届いたのでさっそく自宅で使用してみました。

色々と分かったのでレビューしていきますね。



明るく安いLEDランタンでした

まず驚いたのがとにかく明るい!!

ボタンは1つだけなので迷うことは無いですし使い方も超シンプル!!

ボタンを1度押す度に白、オレンジ、白とオレンジの同時発光が切り替わり、ボタンの長押しで今点灯してる色の明るさが無段階で変更できます。



点灯中、電池容量があればボタン自体も緑に光り



電池の容量が少なくなれば緑から赤にボタンの色が変更になるので容量が少なくなってきてもわかりやすいです。

そして電池が無くなってくると少しづつ暗くなる感じでした。

一気に真っ暗にならないので安心です。

白とオレンジの同時発光が1番明るいのですが




カバーを外して逆さまに吊るせばその下はまさに楽園・・・ではなく、とにかく明るい!!

(カバーは回せば簡単に外せます)

これだよ。これこれ~求めていた明るさは(笑)!!



本当に1000ルーメンくらいありそうな明るさで、とにかくハッキリと下にある物が見えてしまいます。



キャンプでも使ってみました。

その後キャンプでも何度か使用してみましたが、これ1つあれば色味も変えれるし明るさも調整できるので外でも肉が焼けたかハッキリ見えますし2000円のランタンとは思えないくらい使い倒してます(笑)


1番明るい白オレンジの同時発光の状態でテント内に吊るせば暗くて物がどこにあるかわからないって事はまずないです。

左のテントはオレンジモードで、右のテントは白モードです。


スポンサーリンク

あえてデメリットを

ここまでとにかくべた褒めのヴァストランドLEDランタンですが実際に使用してみて感じたデメリットも少しですがあります。

レビューはきちんと悪い所もお知らせしないとですからね!!



本体はそこそこ重い

まず本体だけでも420gありますし単一電池3本を使用するのでそこそこ重くなります。

しかし、軽すぎて風で倒れたりするよりはいいかなと思っています。


キャンプでの使用なら置いて使ったり吊るして使う事がほとんどだと思うのでOKですが、登山なんかの極力重量を軽くしたい場面では気になる重さだと思います。


そこまで長時間は最大の明るさをキープできない

僕の場合はスペーサーを利用して単三の充電池(エネループみたいなやつ)を使用してランタン1つにつき単三6本で使っているんですが単一電池と比べるとどうしても容量が少なくなってしまうので数時間くらいしか、とても明るい状態を維持できません。

まぁ1泊程度のキャンプなら夜の間は問題なしです。

きちんと単一電池を使えばもう少し長くとても明るい状態をキープできます!!

不安な方は予備の電池を持っていきましょう。

※スペーサーの種類によっては接点がズレてしまい点灯しない事がありました。

不安な方は単一電池での使用をオススメします。


オレンジの光がとにかくオレンジ

これは好みが分かれる所なんですがジェントスと比べるとカバーの作りが簡素なのもありますしオレンジで点灯した時にすごくオレンジです。

また、オレンジだけでとても明るくは出来ません。

明るさが必要な場合はオレンジと白の同時点灯モードにしましょう。



明るさ調整がシビア

ボタンの長押しで出来る明るさの調整ですが押している間に暗くなっていき、1番暗くなった所で一気に1番明るくなるのですがこの調整できる時間が結構短いです・・・


1番暗くしようと思ったら明るい所でボタンを離しちゃったりとちょっと調整はシビアです。

スポンサーリンク

キャンプ初心者のLEDランタンはVASTLAND(ヴァストランド)のLEDランタンが絶対オススメ!!【レビュー】まとめ。

多少のデメリットはありますが少々の事には目をつむれるくらい値段が安いんです(2000円ほど)!!

やっぱりなんだかんだ言っても安いは正義ですからね(笑)


LEDランタンでとにかく明るく、さらにスペーサーの利用で単三の充電池が使えるとなればランニングコストもとても安くすむのでキャンプ初心者の方からベテラン方まで幅広くオススメです。


子どもがいるファミリーキャンパーの方には安全で明るいヴァストランドのLEDランタンはとくにおすすめです。


VASTLAND(ヴァストランド) LED ランタン 1000ルーメン 暖色 白色 4種類点灯モード 調光調色機能 防滴


ちなみに2個セットだとさらにお安くなってます!!

キャンプって実はランタン2つ~3つくらいがちょうどいいんです↓


VASTLAND(ヴァストランド) LED ランタン 1000ルーメン 2個セット 暖色 白色 4種類点灯モード 調光調色機能 防滴

トイレに行く時に持っていくランタンがあればテントに残された人も暗くならなくてすみます(笑)


USB充電式のとても明るいランタンが欲しい人はぜひこちらの記事も読んでみてください↓

コメント