キャンプの流れ。キャンプ場の予約~テント設営まで【初心者向け】

今回はキャンプの流れをキャンプ場の予約からテントの設営までで書いていきます。

こんにちは。キャンプ3年目の、ゆーです。



初めてキャンプをする場合、どんな流れでキャンプをしていくのか・・・わかりにくいですよね・・・

今回の記事を読んでもらう事でキャンプ場の予約~テントの設営までの流れがイメージしやすくなると思います。

各ポイントでの注意点なんかも書いているので是非最後まで読んでみてください!!

この記事はあくまで僕のやり方なので絶対にこの通りにやる必要はなく、参考程度に読んでいただければなと思います。



それではいってみましょー

スポンサーリンク

まずはキャンプ場に予約してみよう

インターネットやパンフレットなんかを見てみて気になるキャンプ場が見つかったらまずはキャンプ場に予約してみましょう。

キャンプしたい日が決まっているなら早めの予約が無難です。

春から夏にかけてのシーズン期間は既に予約がいっぱいで、予約が取れない事もよくあるので

出来るだけ早めの予約をするようにしましょう。


僕の場合は予約前に天気、気温、風の強さなんかをチェックしています︎︎︎︎︎︎。

キャンプする日から1週間ほど前なら天気くらいはわかりますよ!!(結構外れますが・・・)

電話での予約の場合はチェックインとチェックアウトの時間の確認を忘れずに!!

※時期によってチェックイン、アウトの時間が通常とは違う場合もあるので注意してください



キャンプをするにあたってわからない事があればキャンプ場に電話して聞いておきましょう

特に焚き火のやり方や、ゴミの捨て方はキャンプ場によって結構違う事があります!!

また、区間が決められている場合、極端に大きなテントを設営する時はサイズ的に入るのか?だけでも聞いておきましょう。

スポンサーリンク

キャンプ場へ向かおう

予約した日になれば当然キャンプ場へ向かうのですが事前にキャンプ場まで、どのくらい時間がかかるのか車のナビやGoogleマップなどでチェックしておきましょう︎︎︎︎︎︎。


フリーサイトの場合はチェックインから早い者勝ちでテントを建てていくので出来ればチェックイン開始時間に合わせて到着するようにしましょう



また、キャンプ当日にはもういちど天気や風の強さをチェックしてみてください。

あまりに風が強いとタープを張るのを止めようとかこの時間以降なら風が弱いからそれから張ろうとか考えれます!!

雨も同じようにいつから降るのか?またいつから止むのかなどをチェックしておくとキャンプ場に到着してからの流れが雨を基準に時間配分が出来るのでスムーズになります。

スポンサーリンク

受付けをしよう

キャンプ場に到着すると管理棟で受付けをします。

電話やインターネットで予約をした旨を伝えると紙を渡されると思います。

渡された紙に氏名、住所、電話番号などを記入し、お金を払います。

区画サイトの場合はこの時にどこにテントを建てていいかの番号を教えてもらいます。(選べる場合もあります)

また、ゴミをキャンプ場で処理してもらう場合はその説明や処理料金を払います。

受付け完了後は受付けの開いている時間や販売品にどんな物があるのかも軽くでいいので見ておけば、何か忘れ物をした時に買えるのでチェックしておいてください!!


着火剤や洗剤など設営の後に忘れ物が発覚した時に受付けで買う事は本当に良くあります。

スポンサーリンク

フリーサイトの設営場所の選び方と注意点

区画サイトの場合は決められた番号の場所にテントを設営するのであまりにも変な場所って事がないのですが、フリーサイトの場合は決められたエリア内で好きな場所にテントを設営する事になるので注意が必要です!!

ここからはフリーサイトでの設営場所の選び方と注意点になります↓

惹かれる場所を探す

フリーサイトの1番の醍醐味は自分の好きな場所にテントを建てれる事です!!

テントを設営した後にテント内から見える景色や周囲の雰囲気など、とにかく惹かれる場所を探しましょう。



地面が平らかチェック︎︎︎︎︎︎。

地面が平らじゃないと寝る時にしんどいばかりかテーブルやチェアも斜めになってしまいます。

ちょっとだけ地面が斜めになっていてもその場所にずーっと居ると結構ストレスになるんですよね・・・

一部分だけでなく、出来るだけテントの大きさ(範囲)や周辺の地面が平らな場所を選びましょう。


平らな地面を選んだらインナーマットを使う事でさらに快適になりますよ↓




大きい石や枝は事前に撤去

1度テントを設営してしまうとその後にテントを動かすのはかなり大変です!!

事前にテント設営場所に大きな石や枝などがないかチェックし、あればどかしましょう。

石や枝は、ぼこぼこして痛いですし、テントにも大きなダメージを与えます!!


またテントの下には必ずグランドシートを敷いてテントを保護するようにしましょう↓





雨が降った時に大丈夫?

特に山でのキャンプの場合、天気予報が晴れになっていても時々、一時的に雨が降る事があります。


その時に雨が溜まるようなくぼんだ地形は選ばないようにしましょう。

こちらも先程と同じように出来るだけ平らな場所を選ぶ事で雨の溜まる場所を回避できます。



また、設営時に超重要になってくるペグについてはこちらを見てみてください↓



スポンサーリンク

キャンプの流れ。まとめ。

日にちが決まっている場合の予約は出来るだけ早めに!!

事前に天気や風の強さをチェックしておく。また当日にもチェックする事で設置がスムーズに進められます。

キャンプをするうえで、わからない事があればキャンプ場に電話、または当日に受付けでしっかり聞いておきましょう。

フリーサイトの場合は早めに到着するようにしてテントの設営場所を探しましょう!!

平らな場所を選ぶ事でキャンプ時のストレスを軽減でき、さらに雨の溜まる場所を回避できます。


これでテント設営までの流れは終わりです。

設営してからは思う存分キャンプを楽しみましょう。



キャンプで使える便利な小物の記事はこちらです↓



スポンサーリンク

コメント