水草が赤くなるためにした5つの事。

今回は水草がより赤くなるために、5つの事をしてみたのでその発表をしていくお話です!!

こんにちは、ゆーです。


久しぶりのアクアリウム記事ですね・・・

今回は赤系水草であるロタラsp Hraを頑張ってより赤くしてみたお話なんですが、なかなか赤くならずに困っている人も多いかと思います・・・

うちのロタラ全然赤くならないんだけど・・・って人や、購入した時には赤かったのに育てていくとどんどん黄色っぽくなってしまうって人は

この記事、要チェックですよー!!


僕の場合、タイトルにもあるように5つの事を試してみて劇的に赤くなったのでぜひ参考にしてみてください!!


それではいってみましょー

スポンサーリンク

水草がより赤くなるためにした5つの事

さて、いきなり本題ですが僕が水草を育てていくうえで、より赤くなってもらうためにした事はこの5つです。


・水草に栄養剤を添加
・CO2の添加料を調節
・LEDライトの点灯時間の変更
・LEDライトの位置を変更
・LEDライトの数を増やす
 

順番に詳しく見ていきましょう!!



まず初めに植えて2週間後くらいの水草はこんな感じでした↓

はい、全然赤くないですね・・・


うっすらピンクっぽい部分も一部ありますが、黄色っぽかったりオレンジっぽかったりと

まだまだ赤には程遠い感じです。


それではこの最初の頃の状態をふまえてどう変わっていくのか見ていきますよ。


あ、この60cm水槽の立ち上げ記事はこちらなのでよかったらこちらも見てみてください↓




水草に栄養剤を添加

まず初めに水草の状態がある程度良くないとそもそも赤くなりにくいのでは?と考えました!!


理由は簡単でネットなんかでよく見る、とても赤くなっている水草は

すごく元気だからです!!


葉は大きくすごく生き生きとしていますよね。


なので、より赤くなってもらうためには水草自体が元気である必要がありそうだな・・・と考えました。


また、どうやら赤くなってもらうには鉄分を添加したらいいと言う情報も見つけたのでこちらも同時に添加を開始してみました!!


実際に添加してみた商品はこちら↓

イニシャルスティックを投下

まずは定番のイニシャルスティックですね。


鉄分や微量元素を含んでいていて量もかなり多いのでずっとお世話になってます!!


通常は水槽立ち上げ時にソイル(土)の中に入れて使うものですが既に水槽は立ち上がっているので今回は週一の水換え時に7~10粒くらいをロタラに着地するように水面から色々な位置に振りまいてみました。


ソイルに埋めない使い方はすぐに溶けてしまうようですが、どちみち溶けないと成分が溶け込まないので良しとしましょう(笑)


さらに埋めない場合の適量がわからないので同じように試してみる人は初めは5粒とかの少なめからがいいと思います!!


下手したらコケまみれになっちゃうかもなので少なめから様子を見つつ追加していきましょう。



カミハタの茶液も添加

さらに追加でこちらの液体栄養剤も購入して添加してみました↓

カミハタ トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml


カミハタから発売されている茶液と言う商品でこちらはカリウムと水草の成長に必要な微量元素が入っています。


水草を育てる上で特に重要な栄養素は3つあります。

・リン
・チッソ
・カリウム

この内リンとチッソは魚の糞だったり残った餌等から吸収できるんですがカリウムは添加してあげないと不足しがちです・・・



カミハタの茶液はリンとチッソが含まれておらずカリウムを補充できるのでコケが増えにくくなっているのが特徴で液体肥料とか栄養剤とか入れてみたいけど、どれがいいの?って人にはおすすめなアイテムになってます。


添加料は水量100Lにつき週に5プッシュ程度が規定量のようなので60cm水槽の場合は1週間で2~3プッシュを水換え時に添加してみました!!

※30cmキューブ水槽くらいの水量で使用する場合は週に1~2プッシュくらいが目安です。




メネデールも添加

さらにさらに今回は栄養剤となるこちらも添加しています↓

メネデール 水草の活力素 500ml



メネデールと言う商品で、鉄を水草が吸収しやすい2価のイオンとして含んでいます。


難しい事はよくわかりませんが、元気の無い水草に勢いが出てきたり成長を促す栄養剤的な商品です!!(しかも安い)


ちなみにメネデールには水草用と家庭菜園用の2種類があるようで、今回は水草用を購入したのですがどうやら成分は同じみたいなので次回からは家庭菜園用を使ってみようと思います(家庭菜園用の方が値段が少し安い)


添加料については60cm水槽の場合、1週間~10日ごとにキャップ2杯分との事なので、こちらも週一の水換えの時に規定量を入れてみました。


スポンサーリンク

CO2の添加料を変更

水草の成長に伴ってCO2の添加料も少し変更してみました!!


水草は明るいライトとCO2の添加で光合成をするようになりしっかりと成長していくのでまだCO2を添加してないよって人はぜひ添加してみてください。


比較的暗いところでも育つ陰性水草の場合でもCO2を添加すればとんでもなく成長が早いですよ!!

過去に同じ期間で検証してみました↓




現在僕が使っているCO2添加機器のレビュー記事はこちら↓

化学反応式なのでCO2は重曹とクエン酸を混ぜて自分で安く作れるのが特徴です!!

元々は小型ボンベで添加していたのですがこのシルバーボンベを使いだしたらもう小型ボンベでの添加には戻れません(笑)

今考えたら小型ボンベはボンベ代が高すぎました・・・


CO2は元々2秒1滴くらいで添加していたのですが1秒1滴程に変更して様子を見てみることにしました。



LEDライトの点灯時間を変更

一般的に水草を赤くするにはライトの点灯時間を長くすればいいと言われています。


赤くなるのは強い光から水草自体が身を守るための保護として赤くなると言われているんですよね!!


本当かどうかは僕は水草ではないのでわかりませんが言われている以上は効果がありそうです。


僕は元々1日8時間ほど、このLEDライトのグロウを点灯していたんですが(60cm用)↓


アクロ TRIANGLE LED GROW 600 3000lm Aqullo Series 沖縄別途送料 関東当日便



LEDライトの点灯時間を延ばし

1日10時間に変更して様子を見てみました。

※ただしライトの点灯時間を延ばすのは少々危険です。

ライトの点灯時間はコケに直結する事になる場合もあるので、ある程度落ち着いた水槽と言うかコケが多少出にくくなってから試すか水換えの頻度を増やすなどの対策をしてください!!


今回は水草が水面まで伸びたらカットし、カットした水草を再び植えて密度を充分に増やした状態で時間の変更をしています!!

水草の密度が少ない水槽で点灯時間だけを伸ばしてしまうと水槽内の栄養が使いきれずコケが出やすくなるので注意してください。


スポンサーリンク

LEDライトの位置を変更

赤くなる理由が強い光から身を守るためと言われているって話は先程させてもらったのですが

それが本当ならLEDライトの位置を変更する事でも赤さの変化が見られるかもと考えました!!


今までは普通に水槽の真ん中くらいにLEDライトを1灯(1本)設置していたのですが

赤くしたいロタラsp Hraは水槽の後方に植えてあるのでライトを水槽の後ろ側に置くことでロタラsp Hraはライトの直下にくる感じになり、より強い光が当たるようになりました!!


そしてここまでの4つの事をした時点で

最初の頃よりかなり赤くなりました。

後ろのコケは見えない感じでお願いします

プラスチックの白けたフタを取り付けていたのですが、それでもここまで赤く変化しました!!

やはり光の当たっていない下の方や中は赤くないですが

LEDライトが1本でも位置と点灯時間を変えるだけで結構赤になりましたよね!!

ライト1本で赤くしてしまう恐るべきグロウの性能・・・

この事からもわかるようにそもそもLEDライトが明るくないと赤くなりにくいようです。

目安としてグロウは60cm水槽用が1本で3000lm(ルーメン)なので60cm水槽だと3000lm程度

30cmキューブ水槽の場合では1000ルーメン程度の明るさのライトがあれば1本でもそこそこ赤くなりました。(こちらも30cm用のグロウ)




スポンサーリンク

LEDライトの数を増やす

LEDライト1本でもトライアングルグロウのように光が強いライトであれば点灯時間や位置の変更でロタラsp Hraは確実に赤くなっていたのですが人の欲とは罪深いものです!!


僕は安易な考えで

だったらライト2本にすればさらに赤く・・・赤く・・・赤く・・・


という事で早速LEDライトを1本追加しました(笑)


アクロ OVAL LED 600 3250lm BRIGHT Aqullo Series 60cm水槽用照明 沖縄別途送料 関東当日便


今回追加したのは元々使っていたグロウと同じアクロの商品で値段はグロウより少し安く、明るさはグロウ以上と

とにかく明るさをupするために選びました!!(これが後々後悔する事に・・・)


LEDライトを1本追加して2本にし

1日10時間点灯を1週間ほど続けた結果・・・


こうなりました↓

赤い、赤い、とにかく赤いー!!

罪深い僕の事をどうかお許しください~


グロウ1本の時と比べると

確実に赤さが増し大満足です!!


LEDライトが2本になった事で光がかなり強力になり上ではなく横方向に伸びている部分も出てきてこれまたいい感じに(自画自賛)


ただし、後から追加したライトのブライトはグロウより黄色っぽさが強かったので数千円をケチらずにグロウを2本にしておけばよかったなと少し後悔しています・・・

スポンサーリンク

水草がより赤くなるためにした5つの事。まとめ

ロタラsp Hraやロタラインディカなどのロタラ系赤色水草は植えた直後やその後が黄色やオレンジっぽくても栄養剤を入れてみたりライトの点灯時間や位置、本数を変更する事で

どんどん赤色になりました!!

(LEDライト1本でも点灯時間とライトを置く位置の変更で結構変化しました)

ライトの時間変更はコケの発生に繋がる恐れがあるので水草の量を増やしてから試してみてください。

液体肥料や栄養剤はすぐに効果の出るものでもないのでハッキリとした効果はわかりませんが、水草が赤くなった頃には葉も大きく生き生きとしていたので少なからず効果があったのかな?って感じです!!(上に伸びる期間もかなり早かったです)


ロタラ系の水草が赤くならなくて悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。


今回の記事で使用したアイテムはこちら↓↓↓

栄養剤&液体肥料

メネデール 水草の活力素 500ml

カミハタ トロピカ 水草用液体栄養剤 茶液 300ml

CO2添加機器

CO2ジェネレーター PRO-D701s (スーパーミスト)改良版2021モデル

ライトはこの2本。グロウは特におすすめです↓(60cm水槽用)

アクロ TRIANGLE LED GROW 600 3000lm Aqullo Series 沖縄別途送料 関東当日便

アクロ OVAL LED 600 3250lm BRIGHT Aqullo Series 60cm水槽用照明 沖縄別途送料 関東当日便



CO2添加機器とLEDライトのグロウは本当にいい商品なのでこちらのレビュー記事もぜひ読んでみてください↓

スポンサーリンク

コメント