ファミリーキャンプの初期費用。初心者に必要な道具をできるだけ安く考えてみました。

ファミリーキャンプの初期費用と言えば、どうしても人数が多めになるのでその分、金額が高くなりがちですよね・・・

今回はファミリーキャンプ初心者に必要な最低限のキャンプ道具(初期費用)を出来るだけ安い物を選んで考えてみたお話です!!

こんにちは。

キャンプ3年目のゆーです!!

以前書いたこちらの記事なんですが↓

毎日アクセスがちょこちょこあって嬉しいのですがこの記事で選んでいる道具って合計金額が結構いってしまってるんです・・・

これからキャンプを始めようと考えてる人が見てくれてると思うんですがちょっと高いんですよね・・・

もちろん高い分、快適に過ごせる道具を選んではいるんですがこれから始める新しい趣味のキャンプでいきなりそんな高い金額はなかなか厳しいですよね・・・


なので今回は最低限の安い道具を選んで合計金額が5万円以下になるようにチャレンジしてみます!!

初めは安くスタートして後から少しづつ良さそうな道具に変えていくのもキャンプの楽しみですからね。←僕がそうでした

前半ではとにかく値段を気にした最低限の道具を。

後半ではプラスする事で快適になる少し贅沢な道具を考えてみました。



ただ先にこれだけは言わせてください!!


キャンプはシーズンになると本当に売り切れの商品が多くなるんです!!

昨日まで在庫があった物が翌日には買えないって事がよくあります

なのでこれから紹介している商品で気に入った物があっても、もしかしたら既に売り切れているものもあるかもしれない事だけはご了承ください。


最近の急激なキャンプブームによって安いテントのほとんどは売り切れてしまっています!!

テントを購入予定の人はこちらの方が参考になるとおもいます↓


それではいってみましょうー

スポンサーリンク

ファミリーキャンプの初期費用をぐっと抑えた必要最低限のキャンプ道具

今回も前回の記事に引き続き、想定人数は大人2人、子ども2人合計4人でやっていきます!!

これからキャンプを始めてみようって人がキャンプを始める時期って春~夏だと思うので今回はこの設定で選んでいきますよ。

正直、冬用の寝袋は高いんでそれを4人分でトータル5万円以下は厳しいんです・・・

とりあえず暖かい時期から安くキャンプを始めてみましょう!!


価格は2020年5月18日の値段となっています

テント+寝袋+ランタン+マットの究極セット

今回はすごい商品を紹介しますよ!!

以前の記事でも紹介したキャンパーズコレクションのこちらの↓テントですが


山善 キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 (4-5人用)(室内270×270×160cm) ベージュ CPR-5UV(BE)



今回はこのテントに色々なキャンプ道具がセットになっている。

とーーーってもお買い得な商品を選んじゃいます!!

それはこちら↓(Amazon)


キャンパーズコレクション キャンプ6点セット(テント+ランタン+寝袋2個+マット2個) CSET-1315A


楽天市場はこちら↓


お買い得キャンプ6点セット (テント+ランタン+寝袋2個+マット2個) CSET-1315A テント ランタン 寝袋 マット キャンプ用品 山善 YAMAZEN キャンパーズコレクション【送料無料】



キャンパーズコレクションは山善のアウトドアブランドです。

このテントだけで通常は1万6000円以上します。

しかもテントのレビューはとんでもなく良いんです!!

そのテントにプラスしてテント内に敷くマットが2枚寝袋が2つ、そしてランタンまでセットになった物が、ほぼ2万円で買えるんです。

このセットになっているマットや寝袋、ランタンは単体で購入すると1点で2,000円オーバーなんです。

えーっとちょっともう1回計算してみますね(笑)

寝袋2点マット2点ランタン1点合計5点がセットになっていてセット品だけで本当なら1万円オーバーですよ!!そこに1万6000円のテントがプラスして・・・えっ!!

つまり完っ全にこれは価格破壊です!!

これを買わずして安くキャンプが出来るのか?と言えるほどですよ(笑)

正直、僕のキャンプデビューの時にこのセットの存在を知りたかったです・・・

それくらい安いのでとにかく安くキャンプデビューしたい人には間違いなくおすすめできます!!

サイズは270cm×270cmなので大人4人+荷物でちょうどいいくらいかと思いますが子どもが2人なら広さは全然大丈夫ですね。

比較的背の高いドーム型で前室もあるので雨が降っても靴は濡れないですし外に出したキャンプ道具も就寝前にある程度はこの前室に入れておけます!!(盗難防止)

前室についてはこちらのテントの選び方で詳しく書いています↓


寝袋については今回は暖かい時期を想定しているのでこの寝袋のチャックを全部開けてしまえば寝袋1つで2人分の布団になります。(寒そうなら家から毛布かタオルケットでも持って行きましょう)

今年の冬にも検索したのですがその時には出てこなかったので春くらいから出てくるセットっぽいです!!

本当によく売り切れているので在庫があればぜひ早めの購入をおすすめします


キャンパーズコレクション キャンプ6点セット(テント+ランタン+寝袋2個+マット2個) CSET-1315A

お値段は20,370円でした。

販売元はAmazonではなく、くらしのeショップになっていますがこれは山善のオンラインストア的なやつなので安心して購入できます!!



テントの単品販売もかなり安いので、セットが売り切れていてもこのテントを基準に他の道具を揃えてみるのもいいかもしれません。

聞いた事の無いようなメーカーの激安テントより断然オススメできます!!



テントの単品販売はこちら↓


山善 キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 (4-5人用)(室内270×270×160cm) ベージュ CPR-5UV(BE)




ちょっと脱線!!2人用ならこのセットが超おすすめ!!


ちなみに2人でキャンプをしようと考えている人はさらに豪華なセットも出ています↓


2人用キャンプのスターターセット6点 SCPR-3 NBEテント+タープ+チェア2脚+タフライトテーブル+焚き火台セット 山善 YAMAZEN キャンパーズコレクションテント タープ チェア タフライトテーブル 焚き火台初心者セット【送料無料】 0717P


テントサイズは先ほどのテントと比べると少し小さい210cmです。(2~3人サイズ)

しかしテント、タープ、チェア2脚、テーブル、焚き火台と超豪華な6点セットなんです!!

このセットにプラスしてマット寝袋を追加で購入するだけで、すぐにキャンプを始めれます!!

しかも実はこのセット‥キャンプ3年目の僕でも惹かれるポイントが満載なんです!!

テントは白色でほぼ人とかぶらないカラーですし、タープもテントと同色なのは嬉しいポイントです。

チェア2脚は暑い時期に快適なメッシュ素材超軽量&コンパクトに収納できるタイプ!!

テーブルの高さは2段階で調節が可能なのでハイでもローでも使用可能です。熱や水に強い耐熱仕様のメッシュ天板も本当に使いやすそうです!!さらには脚を微調整できるアジャスター付きなので地面が平らでなくてもテーブルのガタツキを無くせる親切設計になっています。

焚き火台は定番の形で使いやすく、大きな薪も切らずに乗せる事ができます。

これほどまでに豪華なセットで値段はかなり安いので

これから2人でキャンプを始めようと思っている人には超おすすめです!!


2人用キャンプのスターターセット6点 SCPR-3 NBEテント+タープ+チェア2脚+タフライトテーブル+焚き火台セット 山善 YAMAZEN キャンパーズコレクションテント タープ チェア タフライトテーブル 焚き火台初心者セット【送料無料】 0717P



だいぶ脱線してしまいましたが次に進みましょう(笑)



ペグ

無風ならペグはテント付属の物でもとりあえずいいのですがここでは一応ちゃんとした物を揃えておきましょう。

付属品のペグを使ってると一気に初心者っぽさが出ちゃいますからね!!

風があっても大丈夫なように早めに交換しておきましょう。


Soomloom スチール ソリッド テント ペグ テーク キャンプ設営用具 20CM (16本セット収納ケース付き)


こちらは値段を抑えつつ強度のあるしっかりしたペグを選びました(僕も使ってます)

価格は数百円上がりますがさらに風に強いペグが良ければ25cmの物を選びましょう。



ペグについて詳しくはこちらをご覧下さい↓



ハンマーはとにかく安くするなら鉄製の物をダイソーで購入しましょう!!(100円でもありますし300円商品だと大きいハンマーもあります)



ペグのお値段は1690円でした。



グランドシート

先程のテントセットにも付属されてなかったのはグランドシートです。

グランドシートは地味なんですけと縁の下の力持ち的なアイテムなので必ず使いましょう!!

グランドシートについて詳しくはこちら↓



今回は先ほどのテントにピッタリなサイズのグランドシートがあったのでそちらを選びました!!


ロゴス(LOGOS)ぴったりグランドシート270 84960102

有名メーカーのロゴスなので品質は間違いないでしょう!!


お値段は2000円でした。



テーブル+チェア

今回はとにかく安くファミリーキャンプを始めれる道具を選んでいるのでテーブルとチェアはセットの物にしました。


1年保証 レジャーテーブル セット 折りたたみ ベンチ 2脚 セット 幅 90cm レジャー テーブル イス アウトドア テーブル セット チェア ベンチ 分離 分割 タイプ ローテーブル ロータイプ キャンプ アウトドア 用品 お花見 運動会 FIELDOOR ■[送料無料]

チェアは背もたれこそ無いものの、テーブルの中に収納できるので収納サイズは結構コンパクトになります!!

とりあえず安く揃えておいて使ってみて不満があれば違うのに買い換えるパターンでいきましょう(笑)

こちらの商品はカラーも7色から選べますし1年保証もついています。

さらにテーブルは2段階の高さ調整ができ、低くするとチェアと同じ高さになるのでお座敷スタイルでチェアとテーブルを並べれば大きなテーブルとしても使えます!!

価格は5,940円でした。



カセットコンロ+風防

調理用の器具は値段の安いカセットコンロを選んでみました。


イワタニ カセットフー プチスリムII (ケースなし)

火器なので安全を考慮して有名メーカーのイワタニ製をチョイスしています。

プチスリムは通常のカセットコンロよりかなり小さい作りになっているので持ち運びは便利ですが、大きな鍋なんかは置けません!!そこだけは注意してください。

千円ほどプラスすれば持ち運びにも便利なケース付きも選べます!!

また、外で使用する場合は風があるので火が消えやすいです・・・なので安い風防もセットで購入しましょう。


【ノーブランド品】 ウインドスクリーン 135mm×650mm


お値段はカセットコンロ3270円+風防418円でした。

同じくらいの価格でBBQグリルにも変更できるので好みによってカセットコンロかBBQグリルのどちらかにしてください!!

僕的にはご飯を炊くなら弱火にできるカセットコンロの方が断然おすすめです。



クッカー

クッカーは火の通りがいいアルミ製でとにかく安くレビューがいい物を選びました!!


Overmont DS-300 アルミ クッカーセット アウトドア鍋 アウトドアケトル キャンピング 調理器具 収納袋付き 2–3人に適応

色々とセットになっているので一通りの事ができます。

ケトルもセットになっているので食後にコーヒーを飲んだりも出来ますし、ナベに蓋が付いているのでご飯も炊けますよ!!

お値段は2,930円でした。



クーラーボックス

クーラーボックスは中身が無くなればコンパクトサイズになるソフトタイプを選んでみました。

容量も35Lあるので四人家族で一泊程度なら充分だと思います。

今回保冷剤は選んでいないので事前に水やお茶を凍らせて保冷剤の代わりにしましょう!!


コールマン(Coleman) クーラーボックス エクストリームアイスクーラー 35L 2000022215


お値段は3680円でした。



合計金額!!

さて、最低限の道具たちが出揃いました!!

前回は8万円オーバーでしたが今回はなんと・・・

40,298円でした!!パチパチパチ!!

5万円も余裕でクリアしました!!

かなり安くなりましたね!!

実際にはハンマーなどの安い小物を買う必要があるのでもう少しだけ金額はあがりますがここら辺のアイテムは百均にも売っているので許容範囲でしょう!!

ほとんどテントとセットになっているキャンパーズコレクション製品のおかげな気もしますが(笑)

これくらいの金額なら初心者の人でも始めやすいのではないでしょうか!?

スポンサーリンク

最低限の道具にプラスして快適になる商品

ここからは先程のとにかく安く最低限のキャンプ道具に追加して、あれば快適になる製品を紹介していきます。

少し足すだけでもすごく快適になりますよ!!



追加の寝袋

先程のとにかく安く選んだキャンプセットでは4人設定で寝袋は2つでした!!

暑い時期に広げて使えば4人で2つでもOKですが寝袋をもう2つ追加する事で1人1つ寝袋が使えます。

対応温度が15℃くらいの薄い物なら1つ2,000円ほどで追加できますよ!!


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 寝袋 【最低使用温度12度】 封筒型シュラフ フォルノ 800 ダークネイビー M-3473





インフレーターマット

先程の安く揃える方ではテントとセットになっているインナーマットのみだったのですが、正直これだけだと快適に寝られるとは言いにくいです・・・

子どもは結構大丈夫そうなんですが大人でインナーマットだけだと翌朝背中が痛くなっちゃったりするんですよね・・・

そこで紹介するのはウレタンマットと空気でしっかりと体を支えるインフレーターマットです!!


[クイックキャンプ] 車中泊マット 8cm 極厚 シングルサイズ 2枚セット グレー QC-CM8.0*2 エアー インフレーターマット アウトドア用寝具


しかもインフレーターマットはバルブを緩めるだけで自動的に膨らんでくれるので浮き輪みたいに一生懸命口で空気を吹き込まなくてもいいんです!!

お値段は人数分揃えるとなると結構高いですが、あれば間違いなく快適になります。(インフレーターマットは5センチ以上厚みのある物の方がおすすめです。)


ランタン

先程のテントセットの商品でランタンは1つあるのですが、キャンプではランタンの数は2つ以上がおすすめです。


Bicosy LEDランタン充電式 3色切替 無段階調光 11200mAhモバイルバッテリー内蔵 電球色 白色 昼白色 暖色キャンプライト IP65防水 防塵 【2018年改良 輝度記憶チップ搭載 連続点灯510時間】

こちらの商品は値段も安くそこそこ明るく色味も変更でき、電池式ではなく充電式なので使いやすさは抜群です。(僕も使ってます)

あまりお金をかけたくない場合は百均でそこそこの物でもいいのでランタンを追加してみてください。

ランタンの記事はこちらから↓





アウトドアワゴン

キャンプって思っている以上に荷物が多くなりがちなんですよね!!


大量の荷物を運ぶ時に便利なのはアウトドアワゴンです。


アウトドアワゴン自体が少し重いので車でキャンプをする人限定ではありますが1つ持っていると間違いなく荷物運びが楽になりますよ!!

おすすめのアウトドアワゴンの記事はこちら↓


スポンサーリンク

ファミリーキャンプの初期費用。初心者に必要な最低限の道具を安く考えてみました。まとめ

安くていい品は確実にあるのでそういった商品を探してみるのもキャンプの楽しみの1つです!!

今回紹介した中では特にテントとセットの商品がかなり安いです。

初めは最低限で揃えて少しづつ新しい道具を追加していくのも楽しいですよ!!

今回の調査でキャンプは4人家族でも5万円以内で始められる事がわかりました。

あなたもキャンプ始めてみませんか!?


スポンサーリンク

コメント